目元クリームの選び方!20代でも目元老化は始まっている!?

20代というと、お肌の悩みなんて皆無!ツヤツヤ&キラキラしているイメージですよね?

 

20代 

 

敢えて悩みがあるとしたら、ニキビなどではないでしょうか?

 

そんな若さ溢れる20代の女子に「目元クリーム」なんていったら、鼻で笑われそうな感じがします^^;

 

でも最近は20代でも油断できない事態になっているんだそうですよ!

 

特に20代前半は、洗顔も皮脂がよく落とせるクレンジングでガンガンやっちゃいますし、保湿しなくてもツヤッツヤですよね?

 

まさか20代で目元が老化するなんて考えもしませんもんね。

 

ところが、最近はスマホやパソコン、ゲーム機など液晶画面を見つめる時間が大幅に増えました。

 

とても目を酷使していますが、実は液晶画面を見つめている時間って、視点はあまり動いていないんです。

 

ですから視神経が凝り固まって、目元は血行不良を起こしがちなんですね☆

 

液晶画面 

 

いわゆる眼精疲労と、液晶画面を見続けることから姿勢が崩れ、若くてもフェイスラインの崩れや目元のたるみが発生しているんだとか。

 

また、過度なアイメイクも目元に負担をかけますし、アイプチの副作用でまぶたもたるんでしまう人もいるんです。

 

若い頃の無茶は年を重ねてから一気に現れたりしますので、油断は禁物なんですよ!

20代にぴったりの目元クリームの選び方とは?

20代の前半から目元にしわやたるみができてしまう人は少ないですが、20代後半ともなるとその数は一気に増えます。

 

自覚のある方は、なるべく早くからスキンケアに目元クリームを追加してしまいましょう!

 

目元クリーム 

 

20代のお肌は瑞々しく潤いもありますが、目元の皮膚はとても乾燥しやすいんです。

 

目元だけは早いうちから、しっかり保湿するようにしましょうね。

 

保湿効果が高い目元クリームであれば、20代のうちはそれほど美容成分がたっぷり入っていなくとも大丈夫です。

 

目元クリームは安いものから高いものまで幅広くありますが、それほど高額なものを選ぶ必要はありません。

 

既に小じわが発生している!という方は、セラミドやレチノールなどの成分が配合された目元クリームがオススメですが、予防のために使いうのでしたら目元が潤うタイプのものがオススメ。

 

クリームタイプが苦手な方は、目元専用美容液を使ってもいいでしょう。

 

目元専用美容液 

 

スキンケアに手をかけたくない、なるべくシンプルに済ませたいという方には、オールインワンタイプのコスメがオススメ。

 

1種類だけで化粧水から乳液・目元クリームまでの全ての機能を兼ね備えた便利なコスメがあります(^^)

 

今は目元クリームの必要性を強く感じなくとも、明るい30代を迎えるためにしっかり準備しておきましょうね(^^)v

目元クリームって20代前半からでも使っていいものなの?

目元クリームと聞くと、目元にしわができた年配の人が使っているイメージかもしれません。

 

目元 

 

私も自分が20代の頃は、自分とは全く無縁のコスメだと思っていました。

 

「お母さんが使うものじゃないの?」くらいに考えていましたね^^;

 

ところが最近では10代でも目元のしわに悩んでいる人がいるんだそうですよ☆

 

その原因はさきほどご紹介した通りですが。

 

目元クリームは特に年齢制限を設定しているコスメではないので、10代から使っても何ら問題はありません。

 

ですから20代前半であっても必要を感じたり、将来の予防のために目元クリームを使うというのはアリなことなんです。

 

まずはプチプライスで保湿力の高いものから使ってみて、お肌の調子と年齢に合わせて使い分けていくというのが理想。

 

保湿 

 

お肌の曲がり角って、実は1回じゃないんですよ^^;

 

私も何度か体験しましたが、何年かに1度くらい大きな変化を感じる年があります。

 

今までのスキンケアが全く合わないと感じたり、一気にしわが出たりする厄介な年です。

 

日々のスキンケアを若いうちからしっかりとしていけば、その曲がり角も緩やかに曲がっていけますよ♪

 

若いうちから目元に栄養を与え過ぎてしまうと自己回復能力が低下してしまうので、まずは欲張らずに「潤いをプラスする」くらいの気持ちで始めてみましょう(^_-)-☆