目元クリームでクマは改善できる!?クマの種類別オススメアイテムとは?

目の下にできると一気に老けて見えるのがクマです。

 

クマ 

 

人によって目の下が青っぽくなったり、黒っぽくなったり、茶色や赤っぽくなることもあります。

 

目元のトラブルに真っ先に思いつくのが目元クリームを使ったケアではないでしょうか?

 

もちろん、目元クリームでクマをケアするのは間違いではありません。

 

でも、目の下のクマってお肌の老化現象だけでできるわけじゃないんですよ☆

 

実は生まれつき目の下が青っぽい人や、若くてもクマができてしまう人がいるんです。

 

どんな人にクマができやすいのか?というと、青いクマの場合は皮膚の下の血管が透けて見えていることが多いので、生まれつき皮膚が薄かったり血行が悪いとできやすいと言われています。

 

加齢によってできやすいクマは目の下がたるむことで作られる黒クマと、日焼けなどの色素沈着によってできる茶クマです。

 

クマ 

 

クマの原因によって効果的な目元クリームか変わってくるので、ご自身のクマに合ったものを選ぶのがポイントですよ♪

 

また、目元クリームだけで改善が難しい場合は目の下用のパックなどを併用することをオススメします。

 

クマの状態がかなり深刻な場合は、自己判断でケアする前に美容皮膚科などに相談するようにしましょう。

目元クリームでクマにいいと言われているのはコレ!

ではクマの種類別にオススメの目元クリームをご紹介したいと思います(^^)

 

まず青クマですが、血行不良の他にも寝不足や疲労の蓄積などでもできることがあります。

 

目の下の皮膚が痩せてしまうことによりできてしまうクマなので、まずはふっくらとした目の下を取り戻すことが大切です。

 

皮膚痩せを内側からサポートしてくれる目元クリームと言えば「アイキララ」です。

 

アイキララ

 

ビタミンC誘導体が痩せてしまった目の下の皮膚に働きかけてくれますよ♪

 

そして加齢により目の下がたるんでしまい、影となって黒っぽく見えてしまうクマの場合は「アビエルタディープモイストクリーム」がオススメです。

 

 

幹細胞エキスでお肌を引き締め、クリスマムマリチマムでキメを整え、テルミナリアセリセアで弾力をサポート。

 

見た目年齢マイナス8歳を目指す目元クリームです。

 

最後に色素沈着が原因の茶クマですが、紫外線の他にも目元を擦り過ぎることでも作られてしまいます。

 

簡単に言ってしまえばシミの状態なので、美白成分が配合された「ロスミンリペアクリームホワイト」がオススメです。

 

バナー原稿imp

 

目元の小じわやたるみのケアもしながら美白対策ができる目元クリームは嬉しいですね!

 

ただ、色素沈着の状態によっては100%の改善は難しいかもしれませんので、その場合は専門医にお任せしましょう。

 

また、3種類のクマ全てに有効な成分を含んだ目元クリームと言えば「メモリッチ」です!

 

メモリッチ

 

「目の下のクマが青黒い」「黒っぽいけど茶色かもしれない」と判断に迷う場合にオススメの目元クリームです(^^)

目元クリームと併用してクマ対策できるアイテム

目の下にクマができる原因は加齢による影響の他、血行不良が考えられます。

 

目の下の血行をよくするのに手っ取り早いのがホットタオルなどで目元を温めることです。

 

私は使い捨ての蒸気でホットアイマスクを愛用していますが、目の凝りも取れるので一石二鳥です♪

 

 

加齢による目の下の皮膚痩せには、ヒアルロン酸を補給しましょう!

 

と言っても、美容整形などでヒアルロン酸注射をするのはちょっとハードルが高いですよね?

 

自宅で簡単に目の下にヒアルロン酸を注入するなら、目元用シートパック「ヒアロディープパッチ」がオススメです。

 

ヒアロディープパッチ

 

目には見えないヒアルロン酸で作られた微細な針が直接お肌の内部に浸透して、一晩かけてゆっくり吸収されていきます。

 

どちらもオススメアイテムですが、気を付けたいのがこの2つを同時に使用しないこと☆

 

蒸気でホットアイマスクは最初の10分くらいにかなり温かくなるので、目元用のパックを併用すると成分が溶け出したりして危険です。

 

ご自身のクマの状態に合わせてこの2つをうまく使い分けていただければと思います(^^)

 

ちなみに私は週に一度のスペシャルケアとしてヒアロディープパッチを使い、その他の日は蒸気でホットアイマスクを愛用していますよ。